スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<5回生編>

<5回生編>

5回生は講義はなく、病院実習となります。
関西医科大学では、5年の1年間と6年の6月まで病院実習があります。
詳しく記しますと、
○5年の4月~12月:
メジャー(1内、2内、3内、外科、小児、産婦)を各2週間+マイナー(眼科、耳鼻科、麻酔科、救急科、神経内科、臨床検査、整形外科、精神科、心療内科、形成外科、皮膚科、放射線科、泌尿器科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓外科、リハビリ科)を各1週間回ります。
基本的には、1グループ3~4人でこれらの科を8ヶ月かけて回ります。

○5年の1月~6年の6月:
選択実習となり、メジャー3つ(1ヶ月が2科目、2週間が1科目)とマイナー3つ(各2週間)を自主希望して回ります。それ以外にも1ヶ月間学外実習があり、関西の他大学や市中病院を実習します。


基本的には、同じグループの子と先生方に協力してもらうで乗り切りました。
場面ごとに具体的に記したいと思います。
<カンファレンス>
・大人数なので、色々な方向から先生方が話すので全く聞き取れない。
 科によってはパソコンのスライドがあったり、発表するところを印刷してくださったりして、理解できた時もあります。どうしても気になるところは、グループの子に筆談で聞きました。
・話し手が一定している時は、その方の隣に座ったら、まだ内容がわかりやすかったです。

<手術>
・清潔(手術野にいる。無菌状態)
 マスクをしているので、先生方が話している内容はあまりわからず。
 難聴の旨を伝え、ゆっくり、単語で話していただく。質問されたり、話しかけられた時は、その都度復唱して、  聞き間違えていないか確認する。
・不潔(手術野外にいる。)
 グループの友達に筆談で教えてもらう。

<外来・病棟>
・先生方にはなるべくマスクを外してしゃべっていただくようにしました。
・先生のPHSに電話をかけなければならない時もありますが、全部グループの子にお願いして、その 都度教えてもらいました。
・担当の患者様にも、難聴の旨をお伝えして、必要に応じて筆談してもらったりしました。
・聴診器はリットマンのエレクトロニックのステソスコープ3000で聴取可能でした。

私の場合は、・先生方にはなるべくマスクを外してもらって、私のほうを見てもらう。 
        ・同じグループの子に筆談してもらう。
で、なんとか乗り切れたと思います。

しかし、やはり得られる情報量はすごく少なく、限定されています。
今は学生だけど、今後医師として働くことを考えると、改善しなければならない事は多々あると思います。6年の実習で何か解決策が見つかればまたお伝えしたいと思っています。
 

*2009年度の話です。
もしかしたら、変わっている可能性もありますのでご了承ください。
文責:AYAKA

 

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。