スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話

 たまにはこんなお話でも。
 とりとめのないことなので、おひまな方だけお読みください。

 生まれてから25年、聴覚障害歴も23年。
 まあそれだけやっていれば、悩みも、喜びも、人生のヒヨコなりにいろいろなことがありました。それで、いつからだったかはっきりとは思い出せませんが、ここ半年くらい思っていることがあるんです。
 「人間、生きていればいずれは耳も遠くなるし目も悪くなる。体のあちこちで立てつけが悪くなる。薬を飲まなければいけないようになるし、体もよう動かせへんようになるし、周りの手をわずらわせるようなことも出てくるだろう。
 じゃあ、わたしのいまの状態っていうのは、人さまよりどうも多少早く耳にガタがきて、人さまよりいくぶん長く聞こえの不自由さとお付き合いをしていかなきゃならん、ってことなんじゃなかろうか」
 と。
 一般的な「耳が悪くなる時期」とはどうもズレてしまったけれど、いずれどこかが悪くなるのだし、一病息災くらいがちょうど良いのかもしれへんな、と、なんだかそういう風に思うわけです。

 そしてまた、お年を取られた方が役に立たないかっていうと、これはもう全然そんなことはないわけで。膝が痛い、糖尿だ、薬を山盛り飲んでいる、というウチの祖母だって、口も頭も達者で元気だし、あちこちで世話焼きに忙しいお人です。
 診療所でお会いした患者さんも、そう。
 「どうも腰が痛くて~」と来られた患者さん。「昨日仕事してたから」の言葉にびっくりして、思わず「仕事ってなんですか?」と尋ねたら、「田んぼよ、田植えしとったの」。カルテを見ると80歳とか書いてあるんです、これが。

 年を取る、老いる、どうも体やらどっかの具合が悪い、障害がある、それは一般的に見るとマイナスイメージでとらえられています。やっぱりいつまでも若くいたいし、病気になったり障害なんて持ちたくないでしょう。
 だけど、自分の祖母を含め、人生の先輩がたの様子を見ていると、老いて体の調子が悪くなっても、とてもイキイキしていらっしゃる。それも、けっして特別すごい人というわけでもなく、ふつうにそこらへんにいる人なんです。

 耳の話に戻って。
 時期が早かったり多少程度が重かったりして、人さまにご迷惑をおかけしたり、手をわずらわせるようなこともあります。でも、だからといって何にもできないってことは、たぶんありません。
 膝が痛い、腰が痛い、ああしんど。そう言いながらおばあちゃんたちは元気に歩きます。
 (滋賀では「しんどい」を「えらい」と言うので、「ああ、えらいわ~」かな)。
 もちろん無茶なことはできませんし、いわば「年寄りの冷や水」にならないように気をつけないといけないところもあります。
 だけど、年を取ったから、耳が悪いから、あそこがダメだから、と自分で自分を四角いハコの中に押し込めなくっても、いいのかもしれないなあ……。

 そんなことを、ぼんやりと思いました。

文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。