スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なこと

耳の模式図

 まずは上の図を見てください。
 この図は、音を伝える構造をおおまかに示したものです。

 音は、耳の穴の中へ入ると、外耳道を通って鼓膜まで伝わります。そして、鼓膜から耳小骨へと音の振動が伝わっていきます。まずツチ骨、次にキヌタ骨、最後にアブミ骨。そうやって耳小骨を伝わることによって、音は増幅されて耳の穴に入ってきたときよりも大きくなります。
 アブミ骨のおわりは内耳の蝸牛につながっており、音はここから蝸牛へと入ってゆきます。
 蝸牛は、図のようにうずを巻いた、カタツムリのような器官です。
 このカタツムリ(蝸牛)が何をしているかというと、振動として伝わってきた音を、脳に伝えることができるように電気の信号に変換するということをやっています。ここで電気信号に変換された音の情報は、聴神経を通って脳にまで至り、音やことばとして認識されます。

 さて、聴覚障害といったとき、実はどこに障害があるのかによって、大きな違いがあります。

(1) 伝音難聴
 外耳と中耳に障害があるとき、音の振動をうまく内耳まで伝えることができません。これを「伝音難聴」といいます。伝音難聴は、その名のとおり音の振動を伝えるところの難聴なのです。たとえば、中耳炎によって中耳に炎症が起きると、伝音難聴になります。
 綿棒で鼓膜を突いてしまって、耳小骨のつながりがばらばらになってしまったりしても、伝音難聴になります(これを耳小骨連鎖離断といいます)。
 伝音難聴では振動が伝わってきにくいだけで、音を感じるところには問題がありません。そのため、音の振動を強くする、つまり音を大きくすることによって、言葉を言葉として理解することができます。ですから、音を大きくすることのできる補聴器が使えますし、また手術もすることができます。

(2) 感音難聴
 内耳から先に障害があるとき、音を電気信号に変換して脳まで伝えることがうまくいきません。これを「感音難聴」といいます。振動は伝わってくるのですが、音を「感じる」ようにするための器官のどこかに障害がある、それが感音難聴です。
 感音難聴では音を感じるところに問題があるので、音の振動が伝わってきても、それが何の音であるかを感じ取ったり、ことばとして感じ取ったりすることが難しくなります。
 そのため、感音難聴の場合は(障害の程度にもよりますが)、ただ単に音を大きくしただけでは「ことば」として理解することが難しいのです。しかも、一度障害を受けてしまうと、その機能を回復することが非常に難しく、有効な治療法がいまはほとんどありません。
 ですから、感音難聴の場合、より生活(コミュニケーション)に不都合が生じてきやすいです。

(3) 混合難聴
 伝音難聴もあるし、感音難聴もある、というタイプの難聴です。
 たとえば耳硬化症という病気がありますが、この病気は最初、伝音難聴です。しかし、進行してくるとしだいに内耳のほうまで侵し、感音難聴になってしまいます。他に、真珠腫性中耳炎などもそうです。

 ここで話題にする聴覚障害というのは、主に「感音難聴」(そして、感音難聴を含んでいる混合難聴)をさします。
 ですから、次に「感音難聴」について、もうすこし詳しくお話をしましょう。

文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。