スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師国家試験-2

 医師国家試験は3日間で500問を解く長丁場です。
 試験はマークシートで、
必修の基本的事項:一般問題(1点×50問)+臨床実地問題 (3点×50問)
一般問題:医学総論(1点×120問)+医学各論(1点×80問)
臨床実地問題:医学総論(3点×50問)+医学各論(3点×120問)+長文(3点×30問)
 構成は上記のようになっており、得点は「一般問題」が1問1点、「臨床実地問題」が1問3点で計算され、「必修の基本的事項(必修問題)」が200点満点、「一般問題」が200点満点、「臨床実地問題」が600点満点です。
 必修問題は絶対評価で80%を取る必要があり、総論・各論は相対評価で例年65%~70%くらいの得点率までの人が合格します。
 また、必修問題には「禁忌(選択枝)」というものがあり、その選択枝を選んだ人は「禁忌を踏んだ」と俗に言います。禁忌である選択枝がどれかはわかりませんが、「その選択をすると非常に危険な状態になる」というものが禁忌となります(例:閉塞隅角緑内障にアトロピン)。
 この「禁忌」は2つまでなら間違えて選んでしまっても良いのですが、これを3つ以上間違うと、たとえ全体として80%以上得点していても、不合格になる可能性があります。
 (禁忌選択枝を選択しても良い限度の数は、今後変わる可能性もあります)。

 ざっと概要を説明するとこのような感じでしょうか。
 細かいことはおそらく今後もどんどん変わっていく可能性があるので、今年がどうだったか、というのはここでは書きません。

【実際の試験について】
 1日目の最初の試験の前に、監督員に人工内耳を使用すると伝えました。
 「医師国家試験-1」で書いた通り、試験に当たっての注意事項はすべて文書で伝達されます。また、「1時間を経過しました」「あと30分です」「あと15分です」などの残り時間も文書で教えていただきました。
 監督員がずっとそばについているわけではなく、説明のときと時間の伝達のときに紙を持ってきてくださいます。ですから、注意事項に関しては聞き漏らしたり、間違ったりするという心配はしないで済みました。
 それと、補聴器・人工内耳を使用している場合、申請しておいたほうが良い、という理由にもうひとつ付け加えます。
 試験前の注意事項で、「携帯電話などの電子機器はすべて電源を切り、鞄の中にしまってください」と伝えられます。
 補聴器や人工内耳も電子機器ですから、必ず申請しておきましょう。
 さきほども書いたとおり、試験はマークシートです。
 今のところ実技はありませんし、リスニングをしなければいけないということもありません。
 ですから、試験が始まってしまえば条件は他のみんなと同じです。

【国家試験を終えて】
 これを書いているのは国家試験終了の翌日なのですが、もう、1週間くらい前の出来事のような気がします。というより、昨日の時点で、すでにそんな感じになっていました。
 終わったあとは友達と打ち上げに行ったのですが、その時点でみんな口々に「昨日のいまごろは勉強していたんだよね」「もうだいぶ前のことのような…」などと話していました。
 たかが3日間、されど3日間。
 開始前は、たった3日間だし、模試だって3日間で同じような内容のものを解いて慣れているはずだし、と思っていましたが、本番はやっぱり違います。1日目はまだよくても、2日目、3日目と日を重ねるごとに、精神力や集中力や、いろんなものが削られていくようでした。
 よく、先生がたが「国試だけはもう二度と受けたくない」とおっしゃる意味を身にしみて感じた……そんな3日間でした。
 そこに聴覚障害があるかないかなんて関係なく、本当に、精神力と体力勝負です。
 知力はとてもよくできる人と、極端にできない人を除き、普通に勉強していればみんな似たり寄ったりのところをさまよっているので、この場合もう精神力と体力です。
 受かる、受からないは別として、3日間を無事に受けてこられた、そのことが今は一番うれしいかもしれません。とりあえず、ひとつの通過点を過ぎました。今後の問題は山積していますが、良い報告ができるといいなと思います。

 いままで書いてきたことが、これから医師になろうとしている人に、何かしらの助けになっていれば良いなと思います。読んでくださってありがとうございました。

医師国家試験-1:前項|もくじ|次項:医師免許の申請
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。