スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動-1

【はじめに】
 医学生の就職活動。
 それは、もちろん病院をターゲットにした就職活動です。
 (「病院に就職して研修医になる」以外にも、大学院に進学するなどのほかの進路もありますが、一応は研修医になることを想定してここから先を書いていきます)。

 平成14年12月11日に、医師法第16条の2 第1項が公布・施行されました。
第16条の2 診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。
【医師法 第3章の2:臨床研修】
http://www.houko.com/00/01/S23/201.HTM#s3-2
 これをふまえて臨床研修制度が新しくなり、平成16年度より医師臨床研修マッチングプログラムが導入されました。
■医師臨床研修マッチングプログラムとは?
日本医師臨床研修マッチングプログラムとは、医師免許を得て臨床研修を受けようとする者(研修希望者)と、臨床研修を行う病院(研修病院)の研修プログラムと研修希望者及び研修病院の希望を踏まえて、一定の規則(安定マッチングのアルゴリズム)に従って、コンピュータにより組合せを決定いたします。
【医師臨床研修マッチング協議会】
http://www.jrmp.jp/
【厚生労働省:新たな臨床研修制度】
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/
 変化のポイントは、
(1) マッチングプログラムの導入
(2) 内科、外科、救急部問(麻酔科を含む)、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療の7つの部門における研修の必修化
 上記の2つになります。
 詳しいことは厚生労働省のページを参照していただくことにして、聴覚障害を持っている場合にそのことがどう関係してくるのか、またどう対応していけば良いのかをこれからお話したいと思います。

臨床病院実習-5:前項|もくじ|次項:就職活動-2
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。