スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なこと-5

 障害を持ちながら、医師として働く。
 そのとき何に注意しておきたいか、ということを今回はまとめたいと思います。
(1) 医療で大切なことは、患者さんとの信頼関係である。
(2) 障害があるために、共通認識を構築することが難しい。
(3) そのことが患者さんや一緒に働く人にとって、ストレスになる可能性がある。
(4) 医師としての仕事が自分だけできるわけではない。
(5) 自分ができることとできないことを見極める。
 「何のために医師として働き、医療行為をするのか」
 といえば、病院に来る患者さんの苦痛や不安をやわらげるため、だと思います。そして、それには患者さんと信頼関係を構築し、安心、納得して医療を受けてもらうことが必要です。
 そのときに、障害があることで患者さんにストレスを感じさせる可能性があります。そうなると信頼関係の構築は難しくなってくるでしょう。

 まず、上に書いた(1)~(5)を意識すること。
 意識することがはじまりではないでしょうか。
 その上で、共通認識を構築する努力をしなければなりません。それには対話を積み重ねていくしかありませんから、時間がかかるかもしれません。けれども、必要な作業です。
 まずは、一緒に働く同僚や上司と話し合うこと。
 そのときに自分の障害を訴えるだけではなく、相手の疑問や不安もよく聞き、おたがいに「違い」についての認識の差を埋めていくことが大切だと思います。なかなか難しいことなので、わたしも試行錯誤しているところなのですが……。
 偏見や誤解もあるでしょう。でも、「自分は悪くない、相手が悪い」「自分は不幸だ」と思うばかりでは、何も解決しません。

 よく考えないと、と思います。
 最後に、もう一度10年目の内科医先生のコメントを引用させていただきます。
> コミュニケーションが困難なDr.を主治医に持つ患者様、
> ご家族の気持ちを考えてください。
> その上で病院実習や臨床研修に望んでください。
> そして、できることとできないことを身をもって、
> 目をそらさず見極めてください。
 いま、この言葉を噛みしめています。
 現在6年生のわたしですが、今後、医師となってもこのことを考えながらやっていきたいと思っています。
 障害を持つ医学生の人、これから医師になろうとする人、一緒に考えていきましょう。

 10年目の内科医先生へ、コメントをありがとうございました。
 至らない点も多々あるかと思いますが、これからも考えていく、ということでお許しください。

大事なこと-4:前項|もくじ
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。