スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床病院実習-4

 1年間、大学病院や関連病院で実習をしてきました。
 また、自分から申し込んで他の病院に実習に行ったこともあります。
 「実習」というワクの中であれば、思っていたよりもずっとやりやすいものでした。もちろん、問題点はたくさんあって、そのことに対して根本的な解決ができたわけではありません。なんとかその場その場をしのいでしまった、という感じです。
 ですから、実習自体に反省点は多くあり、自分としてもまだ言葉が整理しきれていません。

 確実に、「コミュニケーション」ということ、およびコミュニケーションを円滑に行うための「情報保障」ということが、実習においても将来の仕事においても必要になってくるでしょう。

 最後になりましたが、「こういうものもあるらしい」ということで、働くときの助けにならないかと考えています。

【シルウォッチ】
 http://www.shinyu.co.jp/products/fukushi/
 電話が難しい場合に、病院での呼び出しで使えないか?

【透明マスク】
 唇の動きが読めない従来のマスクにかわり、利用できないか?
 外来などであればはずしてもらえるが、はずせない手術場などで利用する、という案が実習前にありました。けれどもコストパフォーマンスの点で廃案になったようです。
 関連サイト(すべて英語):
 NAD Takes Action to Support the Manufacture of Clear Surgical Masks
 AMPHL:The Operating Room
 "clear surgical (face) mask" または "'See-through' mask" などがキーワードです。

【音声認識ソフト】
 将来に期待。

臨床病院実習-3:前項|もくじ|次項:臨床病院実習-5
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。