スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ医者になりたいか part.2

 part.1 では、わたしの経験をお話しました。
 こんどは、みなさんの番です。
 「なぜ医者になりたいか」

 どういう気持ちで医者になりたいと思っているか、それはあなたにしかわかりません。すごくハッキリしたものを持っている人から、漠然と「なんだか、医者っていいな」と思っている人までいろいろだと思います。わたしは前者に見せかけて、後者でした。
 でも、それでいいんじゃないでしょうか。
 いま自分が持っているものを大事にしてください。
 けれども、ほんのすこしだけその(どうしてかはわからないけれど)「医者になりたい」気持ちを、実現していくためのお手伝いをこれからお話しようと思います。

(1) 「なぜ医者になりたいか」を自分に問う
 最初に、なぜ医者になりたいか、医者になって何がしたいかを問いかけました。
 自分の中に、「医者として働く自分」を思い描けますか。
 「医者」というワクにだまされないでください。
 「医者になりたい」というとき、「医者」という外側のワクだけを見ていると、「自分が医者になってなにをしたいのか」ということが見えてこなくなってしまいます。
 (わたしも、最近までだまされていたクチです……)。
 「医者」「医学部」というワクの中で、自分がどう生きて、何を学んで、どう働いていくか、という世界を考えてみることがはじまりです。

(2) ほかの人とどう関わっていくかを考える
 「医者」というワクの中で自分が働くとき、そこにはほかの人が必ずいます。自分ひとりだけでは働けません。
 患者さんだけではなく、同僚、上司、ほかの医療職の人、その人たちがどう自分に関わってくるかをイメージしてみてください。「医者になりたい」という自分の思いに、他人がどう関わってくるか、です。
 それを考えたとき、自分の働きかたも見つけやすいと思います。
 たとえば一般に「お医者さん」というと、外来で患者さんを診て処置をして、というイメージがあります。そういうお医者さんばかりではないんですよ。病理学のお医者さん、放射線科のお医者さん、基礎医学や社会医学を研究するお医者さん、政府で働くお医者さん(医系技官)、会社や学校に関わるお医者さん(産業医)という働きかたもあるのです。
 くりかえしますが、自分のやりたいことに、他の人や社会がどう関わってくるかということを考えてみる必要があります。

(3) 具体的な構想をもつ
 「なぜ医者になりたいか」を考えに考え抜いて、ぜひこういうことを学びたい、社会人という身分を放り投げてでも勉強したい、と思って医学部にやってくる人たちがいます。勉強熱心で、モチベーションが非常に高い。
 いつも彼らのことを「すごいな、どうしてそんなに勉強し、行動できるんだろう」という、畏敬のまなざしで見ていました。
 理由を考えてみると、モチベーションが高いのももちろんですが、そのモチベーションを維持するための努力を彼らはしているように見えます。自分の「なりたい医者像」についての具体的な構想をもち、その医者像に近づくための手段を体系だてて分析し、行動しているのです。

 (1)から(3)を考えてみることが、はじまりです。
 そこから具体的にどういうことをしたくて、何を学びたいかを考えてみてください。
 また、やりたいことを「医者」というワクで考えていると、行きづまってしまいます。ボンヤリとでもいいから、「自分って、なにが好きで、なにをしたいんだろう」というところからスタートしてみてください。ときには、「医者」という職業自体を選ばないで、別の職業のほうがふさわしいということもあるはずです。

 たとえあなたが聴覚障害を持っていても、肝心なのは、あなた自身の「なりたい」という気持ちです。ただし、気持ちばかりが先走っていては、「どうして医学部にきてしまったんだろう、医者になれるんだろうか」ということになりかねません。恥ずかしながら、一時期のわたしもそうでした。
 現実を見る目も必要です。「働いていけるか」というところを考えないと、この先、厳しいと思われます。
 そこを考えてみて、「なんだか漠然としたままなんだけど、やっぱり医者になってみたい、働きたい」ということであれば、飛び込んできてください。
 そして、あなたの道を自分自身で歩いていく、切り拓いていくとき、なにか困ったことがあれば遠慮なくこちらに聞いてください。
 ただし、最終的に決めるのは自分です。
 わたしたちは、その「お手伝い」をさせてもらいます。

 (卒業しても、この会のことはなんらかの形で支援していこうと思いますし、ほかの会員が志を引き継いでくれることと思います)。

前項:なぜ医者になりたいか part.1
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。