スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験当日(閑話休題)

 いよいよ受験を迎える、という日は朝から緊張した面持ち。
 ここでは閑話休題、わたしが受験したときのことを思い出しながら、いま改めて思うことなどをつづってみます。

【センター試験】
 受験に関する注意事項は、文書での説明となりました。
 それ以外はとくに何もしていません。
 いまなら、英語のリスニングへの対応も必要ですね。

【2次試験:滋賀医科大学(前期日程)】
 センター試験と同じく、注意事項を文書で説明していただきました。また、滋賀医大はグループ面接なので、(あらかじめ決めていたことですが)単独での面接となりました。
 まったくの余談ですが、このときの面接官がいまはもう亡くなられた当時の耳鼻咽喉科教授だったとは、あとになって知ったことです。
 面接は、グループなら単独での面接に変更してもらうべきでしょう。ディスカッションをするグループ面接では、どうしてもあちらこちらからの発言についていけずに、話の流れがわからないまま終了、ということになりかねません。また、自分の実力が発揮できないばかりではなく、グループ面接で同じグループになった他の受験生に戸惑いを与え、彼らの実力が発揮できないことも考えられます。
 「大丈夫、いつもディスカッションしているから」
 その「ディスカッション」は、周囲の人の協力によって成り立っていませんか?聞こえが不十分な場合、わからないことがあったとき気軽に聞ける人がいて、それは成り立ちます。
 受験では、初対面の人とディスカッションしなければなりません。
 自分にとっても、他の受験生にとっても、受験という以上のストレスがかかります。
 単独の面接は不必要に心配する必要はありません。
 あらかじめ、聞き返すことがあるだろうことや、コミュニケーションに時間がかかるかもしれないこと、(必要なら)手話通訳をつけてほしいことなどを伝えておいてください。
 そして、当日は時間がかかっても相手の言うことをきちんと(自分のやり方で)受け止め、(自分のやり方で)伝えてください。

 筆記試験に関しては、いままで勉強してきたことをぶつけるだけです!
 とはいえ、6年も経ったいまだから言えるんであって、当時はセンターも2次試験も「やばい、だめかも」と青ざめていたわけですが……。

受験する前のこと:前項|もくじ|次項:入学前に
文責:Kumiko

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。