スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なこと

耳の模式図

 まずは上の図を見てください。
 この図は、音を伝える構造をおおまかに示したものです。

 音は、耳の穴の中へ入ると、外耳道を通って鼓膜まで伝わります。そして、鼓膜から耳小骨へと音の振動が伝わっていきます。まずツチ骨、次にキヌタ骨、最後にアブミ骨。そうやって耳小骨を伝わることによって、音は増幅されて耳の穴に入ってきたときよりも大きくなります。
 アブミ骨のおわりは内耳の蝸牛につながっており、音はここから蝸牛へと入ってゆきます。
 蝸牛は、図のようにうずを巻いた、カタツムリのような器官です。
 このカタツムリ(蝸牛)が何をしているかというと、振動として伝わってきた音を、脳に伝えることができるように電気の信号に変換するということをやっています。ここで電気信号に変換された音の情報は、聴神経を通って脳にまで至り、音やことばとして認識されます。

 さて、聴覚障害といったとき、実はどこに障害があるのかによって、大きな違いがあります。

(1) 伝音難聴
 外耳と中耳に障害があるとき、音の振動をうまく内耳まで伝えることができません。これを「伝音難聴」といいます。伝音難聴は、その名のとおり音の振動を伝えるところの難聴なのです。たとえば、中耳炎によって中耳に炎症が起きると、伝音難聴になります。
 綿棒で鼓膜を突いてしまって、耳小骨のつながりがばらばらになってしまったりしても、伝音難聴になります(これを耳小骨連鎖離断といいます)。
 伝音難聴では振動が伝わってきにくいだけで、音を感じるところには問題がありません。そのため、音の振動を強くする、つまり音を大きくすることによって、言葉を言葉として理解することができます。ですから、音を大きくすることのできる補聴器が使えますし、また手術もすることができます。

(2) 感音難聴
 内耳から先に障害があるとき、音を電気信号に変換して脳まで伝えることがうまくいきません。これを「感音難聴」といいます。振動は伝わってくるのですが、音を「感じる」ようにするための器官のどこかに障害がある、それが感音難聴です。
 感音難聴では音を感じるところに問題があるので、音の振動が伝わってきても、それが何の音であるかを感じ取ったり、ことばとして感じ取ったりすることが難しくなります。
 そのため、感音難聴の場合は(障害の程度にもよりますが)、ただ単に音を大きくしただけでは「ことば」として理解することが難しいのです。しかも、一度障害を受けてしまうと、その機能を回復することが非常に難しく、有効な治療法がいまはほとんどありません。
 ですから、感音難聴の場合、より生活(コミュニケーション)に不都合が生じてきやすいです。

(3) 混合難聴
 伝音難聴もあるし、感音難聴もある、というタイプの難聴です。
 たとえば耳硬化症という病気がありますが、この病気は最初、伝音難聴です。しかし、進行してくるとしだいに内耳のほうまで侵し、感音難聴になってしまいます。他に、真珠腫性中耳炎などもそうです。

 ここで話題にする聴覚障害というのは、主に「感音難聴」(そして、感音難聴を含んでいる混合難聴)をさします。
 ですから、次に「感音難聴」について、もうすこし詳しくお話をしましょう。

文責:Kumiko
スポンサーサイト

よくあるシーン(もくじ)

【よくあるシーン:もくじ】
 長くなってしまったので、「もくじ」を載せました。
 下のリンクをクリックしてお読みください。
よくあるシーン:問題提示
よくあるシーン-考察1:はじめに
よくあるシーン-考察2:Bさんの問題
よくあるシーン-考察3:Aさんの問題
よくあるシーン-考察4:おわりに

よくあるシーン-考察4

【考察:おわりに】
 Aさんの問題、Bさんの問題、とわけて考えてきました。
 繰り返しますが「はじめに」でも言ったとおり、問題はつきつめれば
 「相手がどういう立場なのかを考えていない
 ということなんじゃないか?
 ――と、わたしはみなさんに問いかけたいです。

 これは、聴覚障害があってもなくても、どんな人でも、本当はそれを考えることからはじまるはずなんです。聞こえる人どうしでも、日本語を使っていても、「会話が成立していない」ことはあるんじゃないでしょうか。
 (残念ながら、「医者と患者の会話が微妙にズレている」というシーンもよくあることです。専門用語で説明するお医者さん、うなずいているけれどもわかっていない感じの患者さん、こんな風景をよく見かけます)。
 とくに、「コミュニケーション障害」のひとつである「聴覚障害」では、「どうやったらコミュニケーションできるか」を考えることが大事だし、聴覚障害のある人自身もそれを考えていかなければいけません。

 ところで、最近は学校教育のなかで「聴覚障害」についての話もでてきているのでしょうか。西瓜さんから下のようなコメントをいただきました。
西瓜さんからのコメント:
> 中には理解してくれている人がいます。
> 初めて会ったにも関わらず、
> 声の大きさとかゆっくり喋ってくれるとか口の大きさとか紙に書いてくれるなど、
> 耳が聴こえない人との関わり方を知っている人がいます。
> 手話ができる人もいました!(残念なことに私は手話の知識が全くありません)
> 彼らはそう親にしつけられていたり、
> 学校の道徳の授業や先生によって学んでいたのです。
(中略)
> みんなは学生時代に必ずそのような授業で学んでいます。
> だから、赤の信号を渡ってはいけないという風に
> 常識な事だと理解している人が多いです。
 すごい!わたしの小学校・中学校時代はそのようなことはなかったな、と記憶しています。
 これはステキなことで、自然に「どうしたらいいかを考えて、実行できている」人がいることをうれしく思いました。
 ひとつだけ注意したいのは、「常識」だと思うのは危ないよ、ということです。
 一律に、「○○ならこうすればいい」という思い込みが間違いのもとになっていることが、けっこうあるんです。
 (Bさんも、「耳が聞こえないなら声を大きくすればいい」と思っていますよね。そして、それは違うと感じている人がいます)。
 ある程度の教育とそれに基づいた理解は必要で、それによって適切な対応が選択できる、というのはあるはずですが、「常識だから」と思い込まないでください。

 また、じつはコメントのなかに「それは誤解ですよ」という部分がありました。
お名前のない方からのコメント:
> 殆(ほとん)どの聴覚障害者は口を読み取って会話をするので、
> 口が読み取れるような口の形にしてもらうことが大事なのだと思います。

熊さんからのコメント:
> 聴覚障害者は口読むからやっぱり口の大きさが大事かな…
> 声の大きさは小さくなければ問題はないと思います。
 子供のころからの難聴がある人にとって、「読唇(くちびるの動きを読む)」はコミュニケーションのための手段です。
 ずっと難聴がある状態できた人自身が、よく誤解するのがここ。
 すべての聴覚障害者が唇を読めるわけではありません!
 年をとってから聞こえなくなったとしましょう。
 その年までふつうに聞いていたのに、いきなり唇が読めるようにはならないんですよ。いわゆる、中途失聴の人たちは、唇の動きを読めないことも多いです。

 このように、聴覚障害を持っている人自身でも誤解していることがあるのではないでしょうか?
 ほかにもあります。生まれつき聞こえが悪く、手話を「ことば」として選んできた人たち――「ろう」の人たちは、筆談の苦手な人も多くいるようです。
 これは、わたしも大学に入ってから学んだことでした。

 「聞こえなければ○○すればいい」という思い込みを捨てて、「あなたとコミュニケーションしたいのだけど、どうすればいいんだろう?」と考えるところからはじめてみませんか。
 「どうやったら伝わるか」
 「相手にとってわかりやすいのはどういう伝え方か」
 そこが出発点だ、と思います。

 それをふまえて、「聴覚障害ってなんだ?」ということについて、これから一緒に考えていきましょう。
 ご質問のあった「老人性難聴は医学的にどういうことか?」についても、書いていきます。

 長くなってしまいました。「よくあるシーン」に関する考察は、ここで一応の終わりにしましょう。でも、ここからが本当のスタートです。
 最後になってしまいましたが、考察のなかにコメントを引用させていただきました。コメントの引用がいやだという方がいらっしゃいましたら、申し出てください。

考察3:前項|もくじ
文責:Kumiko

よくあるシーン-考察3

【Aさん:子供のころから高度難聴】
 つぎに、Aさんの問題です。
 Aさんは、どうしたらコミュニケーションしやすいか、伝えることができていません。
東山さんからのコメント:
> Aさんの問題は、自分の聞こえ方についてうまく説明できていないこと。
> (もしくは、自分でもよくわかっていないこと。)
 そうなんです、Aさんは自分の聞こえという問題を、自分自身のことなのによくわかっていないんです。
 「聞こえなければ声を大きくすればいい」と思っているBさんに困惑するだけで、自分から「こうすればいいんですよ」と説明ができていない。
 相手の「よくわからない」というところを考えるなら、それに対して「自分はこうなんです」と説明することが必要です。
 これも、「聞こえている人」の立場をわかっていないために、生じてくることではないでしょうか。とくに小さいころからの難聴がある人は、「聞こえないことがあたりまえ」の世界で育ってきたので、自分についてうまく説明できないことが多いようです。

 これについては、みなさんから「どう説明したらいいのかわからない」Aさんへ、いいアドバイスがありました。3人の方からのコメントをご紹介します。
nagomamaさんからのコメント:
> 私は健聴者です。もし私がAさんでしたら、
> 「わたし、耳が聞こえにくくて。補聴器を使っているんです。
> 大きくしたら聞こえるというわけではないんですけど」
> と話すと思いますね
> 実際、息子が高度難聴なんですが、まずこう言ってます。
> そして相手がBさんのように、
> 「(声を大きめにして)このくらいでい?」と言ってくれるような時は、
> 引き続き感音性難聴について説明します&
> 息子の場合は補聴器をしてもかなりシビアな聴力なので、
> 手話が出来る事や口話を勉強していることを、こちらから話しますね
西瓜さんからのコメント:
> 私は難聴の高校生ですが、そのような状況はよくあります!!
> 私の学生の体験ですが、学校で新しく作る友達には
> 「私、耳悪いけど、まぁ、なかよくしてね」と言っています。
(中略)
> もし相手が理解していなかったら、
> 相手に耳が聴こえない事の大変さを知ってもらいます。
東山さんからのコメント:
> 私がこのような場面になったとき、
> どのように説明するかといいますと…
> まず難聴の種類について説明します。
(中略)
> さらにこの聴覚障害独特の感覚を分かりやすく
> イメージ出来る様に「視覚」に例えます。
 みなさん、それぞれ「どう伝えるか」を考えてくださっています。東山さんの「視覚に例える」というのは面白いので、またあらためて「どうやって伝えるか?」をお話しましょう。

 またまた、コメントからの引用です。
西瓜さんからのコメント:
> やっぱり人はコミュニケーションが欠かせないです!!
> 耳が悪い人だけでなく健聴者にもあてはまるけど、
> 人は会話しなくなるほどdumb(物が言えない、口がきけない)になります。
> 相手の言ったことを理解するために、お互いに会話するために、
> こういう状況はちゃんと伝えなければならないといけない
 ってことですね。
 Aさんはそのことを理解していない、というのが問題でした。

 なかなかムズカシイ話でしたが、「自分を知り、相手を知る」ということを、みんなで考えていきましょう。
 Aさんの問題についてのお話は、これで終わりです。

考察2:前項|もくじ|次項:考察4
文責:Kumiko

よくあるシーン-考察2

【Bさん:健聴の若い人】
 最初にBさんの問題です。
 (あれっ、と思った人、ご心配なく。Aさんの問題はあとでお話します)。
 Bさんは、「聞こえなかったら声を大きくすればいい」と思っています。
 けれども、(感音性)難聴をもつ人の多くが、これが間違いであるとすぐ気づいたでしょう。
 コメントから引用させていただくと、
お名前のない方からのコメント:
> 「音」は聴こえるのですが、その音の種類がはっきりわからないから、
> 声を大きくしてもその声が普通の雑音と変わらないことがあります。
> だから音の大きさとかが問題ではないです。

東山さんからのコメント:

> 「音」が聞こえることと、その「音」を認識することはまた別の話です。
 そうそう、その通りなんです。
 単純に声を大きくすれば、聞こえるってもんでもないところが、ムズカシイところ。
 (「なんでそうなるのか?」ということも、また書いていきます)。

 でもね、ここで注意してほしいことがひとつ。
 「聴覚障害」って、いろいろあるんです。
 「聞こえづらい、聞こえが悪い」というとき、みんながが同じように感じているわけではありません。
 これを読まれているそこのあなた、あなたの聞こえに問題があってもなくても、
聞こえかたは人によって違いがある。
どうやってコミュニケーションすればいいかも人それぞれ。
 ということをまずは心にとめておいてください。
 (「どんな聴覚障害があるか」「どうやったらコミュニケーションしやすいか」について書こうと思うと、とても長くなってしまうので、これまた項を改めてお話しましょう)。

 それではBさんの問題についてまとめましょう。 
東山さんからのコメント:
> Bさんに対して(の問題)は、
> 声を大きくしたら話がわかる難聴(伝音性難聴、老人性難聴)と
> 声を大きくしても話が分からないことがある難聴(感音性難聴)が
> あることを知らないこと。
 うん、そうですね。
 でも、「普通は大抵知らないですよね」ともコメントしてくださっているとおり、普通は知らないものです。
 では何が問題か?
 それは「はじめに」でも書いたとおり、
 「相手がどういう立場なのかを考えていない
 ってことなんじゃないかとわたしは思います。
 「相手とどう会話したら、会話ができるか?」というのは大切なことなんですが、どうも普通はそれを考えなくても会話ができてしまうので、忘れられやすいようです。
 さきほど、「聞こえかたは人それぞれ」「どうやってコミュニケーションすればいいかも人それぞれ」と言いました。
 Bさんは「聞こえなければ声を大きくすればいい」と一律に考えてしまっているけれども、そういう「思い込み」がやっかいなのです。その思い込みがBさんの問題。

 難聴の種類や、どうコミュニケーションすればいいかは、知っていればコミュニケーションがやりやすくなるけれども、知らないことも多いものです。
 それを知らなくても、「相手とコミュニケーションするにはどうしたらいいか」を考えてみることで、まずは一歩前進できるはず。
 これは難聴を持つ人自身にもいえることで、「自分はこうだから、相手もこうだろう」という思い込みはとってもキケンです。

 Bさんの問題についてのお話は、いったんこれで終わり。
 次はAさんの問題についてのほうをお話します。

考察1:前項|もくじ|次項:考察3
文責:Kumiko

よくあるシーン-考察1

【考察:はじめに】
A:「わたし、耳が聞こえにくくて。補聴器を使っているんです」
B:「(声を大きめにして)このくらいでいい?」
A:「いえ、大きくしたら聞こえるというわけではないんです」
B:「どれくらい聞こえているの?」
A:「えーと……(説明に困る)」
 「よくあるシーン」で、上のような状況を提示しました。
 それに対してコメントをくださったみなさま、どうもありがとうございます。
 今回は、なにが問題なのかをAさんとBさんの両方から考えてみるとともに、いただいたご意見についての回答もさせていただこうと思います。

 まず、なにが問題なのでしょうか?

 最初にわたしの考えを1つ、簡単ですが出します。
 AさんとBさん、両方にいえる問題なのですが、
 「相手がどういう立場なのかを考えていない
 ということだと思っています。

 はじめに、AさんとBさんの問題に分けて考えることを提示しました。
 「相手がどういう立場なのかを考えていない」というのが、おおもとの問題であるにしても、それだけではボンヤリしすぎていてよくわかりませんよね。そこで、「どう問題なのか?」をAさんとBさんにわけて考えてみましょう。
 長くなるので、今回の「はじめに」と、AさんBさんそれぞれの問題点、それから最後のまとめの計4回を「考察1~4」としてお話します。

よくあるシーン:前項|もくじ|次項:考察2
文責:Kumiko

よくあるシーン

A:「わたし、耳が聞こえにくくて。補聴器を使っているんです」
B:「(声を大きめにして)このくらいでいい?」
A:「いえ、大きくしたら聞こえるというわけではないんです」
B:「どれくらい聞こえているの?」
A:「えーと……(説明に困る)」
 よくある、ありそうなシーンです。
 Aさんは子供のときからの高度難聴がありますが、コミュニケーションは主に口話でしています。補聴器をしてもよく聞き取れないことも多く、そういうときは筆談をしています。
 Bさんは健聴の若い人で、同居しているおばあちゃんが「耳が遠くなってきた」というため、おばあちゃんには声を大きくして喋っています。

さて、こちらをご覧になっているみなさんに質問です。
この会話の中でなにが問題だと思われますか。
Aさんの問題点と、Bさんの問題点にわけて考えてみてください。
この記事の右下にある「コメント」を押して、みなさんのご意見を書き込んでください。聴覚障害の有無は問いません。幅広いご意見をお待ちしています。
締め切りは4月20日(金)です。
※ご意見の募集は締め切りました。

はじめに:前項|もくじ|次項:考察1
文責:Kumiko

はじめに

 とても基本的なことですが、わかってるようでわかっていない、聴覚障害を持っている当の本人でもうまく説明のできない「聴覚障害」ということ。
 聞こえている人に、自分の聞こえかたはあなたと違うんだよ、ということを説明するのは、けっこう骨が折れる作業です。
 感覚というやつはやっかいなもので、人にはその人の感覚しかないから、「自分と違う感じかたをする人がいる」ということがわかっても、それがどういう感じ方なのかは実感としてわかった気持ちになりません。「自分と違う感じ方かたをする人がいる」とわかっていれば良いほうで、「自分と同じように人も感じている」と思っている人だって、もう数え切れないくらい。困ったね。
 (そう、聴覚障害者だって、視覚障害者の見え方が違う、ということになかなか気づかなかったりします。まったく見えないという誤解や、色覚障害者に「この色は何色に見える」と質問するだとか。この質問のナンセンスさに気づかない人、危ないですよー)。

 さて、そんなヤッカイな「聞こえかたが違うんだ」という問題に、「聴覚障害とは」なんて仰々しい名前のこのカテゴリでは迫ってみようと思います。

次項:よくあるシーン
文責:Kumiko
こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。