スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<5回生編>

<5回生編>

5回生は講義はなく、病院実習となります。
関西医科大学では、5年の1年間と6年の6月まで病院実習があります。
詳しく記しますと、
○5年の4月~12月:
メジャー(1内、2内、3内、外科、小児、産婦)を各2週間+マイナー(眼科、耳鼻科、麻酔科、救急科、神経内科、臨床検査、整形外科、精神科、心療内科、形成外科、皮膚科、放射線科、泌尿器科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓外科、リハビリ科)を各1週間回ります。
基本的には、1グループ3~4人でこれらの科を8ヶ月かけて回ります。

○5年の1月~6年の6月:
選択実習となり、メジャー3つ(1ヶ月が2科目、2週間が1科目)とマイナー3つ(各2週間)を自主希望して回ります。それ以外にも1ヶ月間学外実習があり、関西の他大学や市中病院を実習します。


基本的には、同じグループの子と先生方に協力してもらうで乗り切りました。
場面ごとに具体的に記したいと思います。
<カンファレンス>
・大人数なので、色々な方向から先生方が話すので全く聞き取れない。
 科によってはパソコンのスライドがあったり、発表するところを印刷してくださったりして、理解できた時もあります。どうしても気になるところは、グループの子に筆談で聞きました。
・話し手が一定している時は、その方の隣に座ったら、まだ内容がわかりやすかったです。

<手術>
・清潔(手術野にいる。無菌状態)
 マスクをしているので、先生方が話している内容はあまりわからず。
 難聴の旨を伝え、ゆっくり、単語で話していただく。質問されたり、話しかけられた時は、その都度復唱して、  聞き間違えていないか確認する。
・不潔(手術野外にいる。)
 グループの友達に筆談で教えてもらう。

<外来・病棟>
・先生方にはなるべくマスクを外してしゃべっていただくようにしました。
・先生のPHSに電話をかけなければならない時もありますが、全部グループの子にお願いして、その 都度教えてもらいました。
・担当の患者様にも、難聴の旨をお伝えして、必要に応じて筆談してもらったりしました。
・聴診器はリットマンのエレクトロニックのステソスコープ3000で聴取可能でした。

私の場合は、・先生方にはなるべくマスクを外してもらって、私のほうを見てもらう。 
        ・同じグループの子に筆談してもらう。
で、なんとか乗り切れたと思います。

しかし、やはり得られる情報量はすごく少なく、限定されています。
今は学生だけど、今後医師として働くことを考えると、改善しなければならない事は多々あると思います。6年の実習で何か解決策が見つかればまたお伝えしたいと思っています。
 

*2009年度の話です。
もしかしたら、変わっている可能性もありますのでご了承ください。
文責:AYAKA

 
スポンサーサイト

4回生編

<4回生>

★講義★
3回生に引き続き、4回生も臨床コースを学習しました。
具体的には、血液コース、腫瘍学コース、小児科学コース、免疫・アレルギーコース、消化器コース、
内分泌コース、眼科コース、腎・泌尿器コース、救急コース、耳鼻科コース、皮膚科コース、整形外科コース、心療内科コース、麻酔科コース、再生医療コースです。
4回生の講義の様子も、3回生と同様に、サポートの皆さんに協力していただきました。

★実習★
*オスキー実習*
4回生の2学期から、オスキー実習が始まりました。
オスキーとは3月にある実技試験のことで、医療面接、救急蘇生、脳神経の診察、頭頸部の診察、
目の診察、胸部の診察、腹部の診察、四肢の神経学的診察といったことを出題されます。
オスキーや来年から始まる病院実習に向けて、3ヶ月かけて実技を学びます。

医療面接においては、難聴であることも伝えて行いました。
聴診器はリットマンエレクトロニックステソスコープ 3000にて心音、呼吸音など聴取可能でした。

★その他★
*CBT*
2月にある全国共用試験です。
パソコンを用いた試験ですので、特に困ったことはなかったです。

3回生編

<3回生>
★講義★
3回生は基礎医学、社会医学、臨床コースから成ります。
具体的には薬理学、衛生学、法医学、感染症コース、外科総論コース、呼吸器コース、循環コース、神経内科コース、診断学コース、精神コース、産婦人科コースがあります。

3回生から授業の受け方が大きく変わりました。
といっても私自身は何も変わっていません。
どういう事かといいますと、
1・2回生の時の授業では、私は友達にノートテイクをしてもらっていた(プリントをみせてもらっていた)ということはもうすでに述べましたが、実はその友達はずっと同じ一人の人でした。

この事は何でもないように聞こえるかもしれませんが、これはかなり大変なことです。
皆さんも想像してみてください。
ただいま講義中です。
先生の口から出る単語は、あなたにとって今まで耳にしたことがなくまた内容も複雑です。そしてスピードもとっても速いです。
内容をゆっくり理解している時間もなく、ただひたすら先生が話している内容を聞き漏らすまいと、集中してプリントに書き込んでいます。
それだけでもどんどん疲れていきます。
集中力が途絶えることもあるでしょう。
しかしあなたが書き込んだプリントをもとに勉強をする子があなたの隣に座っていて、しきりにあなたのプリントを覗き込んでいます。あなたのペンが走ればその子のペンも走り、あなたのペンが止まればその子のペンも止まります。
これを毎日、月~金まで、そして毎時間、朝~夕方まであります。

いかがでしょうか。
そのしんどさは想像を絶すると思います。

私のその友達は2年間ずっと私を助け続けてくれました。
しかし皆さんの想像通り、精神的・肉体的疲労は相当なものだったと思います。

そこで3回生からはより幅広く色々な人に協力してくれるようにお願いしました。(サポーターの会発足。)
具体的には、
(1)時間割帳を作る。
まず3週間分づつくらいで時間割を作ります。そして各々のサポータ-の都合が良い時にその時間割帳に名前を書いてもらいます。こうすると誰が、いつ、何時間目にサポートしてくれるのか一目で分かります。
(2)感想を書いてもらう。
授業終了後、毎回サポーターに感想を書いてもらっています。どんどん積み重ねて行くと、交換日記みたいな感じになって面白いです。

多くの友達の協力のおかげで、今ではサポーターは20名を超えています。誰一人無理なく学習できていると思うので、本当に良かったと思います。

★実習★
*チュートリアル*
3、4回生の2年間にチュートリアルが導入されています。
1グループ7~8人で、年に3回ほどグループ替えがあります。
少しでも話が理解できるよう、どのように行っているかというと、
(1)ホワイトボートが見える位置に座る。
(2)意見を言う前に挙手するように班員にお願いする。
(3)事情をよく知っている友達が少なくとも1~2人同じ班になれるよう学務(事務)に予めお願いしておく。(私は、いつも協力してくれている友達の名前をリストアップした紙を学務に提出しました。)
(4)その友達に隣に座ってもらい、聞き取れなかった所をノートテイクしてもらうようにお願いする。
こんな感じで、だいたい流れはつかめると思います。

しかし1番重要なことは、班員の協力です。
解剖のときは、最初から最後まで同じ班員(4~5人)なので、班員にだけ説明すれば、だいたいうまくいきました。
しかしチュートリアルは、どんどん班が変わり、最終的にはクラスのほぼ全員と1回は同じ班になると考えてもいいと思います。
ですので、チュートリが始まる前にクラスみんなの前で、自分の聞こえについて説明し、理解してもらうことは一つの手だと思います。
(私は2回生の時にクラスみんなの前で説明しました。)


2回生編

<2回生>
★講義★
一般的に基礎医学と言われています。
解剖学1,2、生理学1,2、医化学、病理学1,2、微生物、医動物を習得します。
基礎医学は、教養科目と全く異なっております。
(これに関して詳しくは、教育支援を参照してください。)
先生によって講義の仕方は変わりますが、大まかに4つに分かれると思います。
(1)プリントとスライドの両方使用。
(2)プリントだけ。
(3)スライドだけ。
(4)プリントとスライド両方なし。(つまり口頭による講義)
関西医科大学では、大半の先生が(1)か(2)です。(4)の先生はほとんどいません。
(3)に関しましては、講義終了後に先生にスライドをプリントアウトしていただけるようにお願いしました。
プリントは非常にわかりやすいものから、図だけで説明が何もないといったわかりにくいものまで様々です。(他にも文書風、パワーポイント、手書きなど)私は友達に頼んでプリントを見せてもらって写させていただいてました。

★実習★
*解剖学1*
・顕微鏡実習(プレパと言われてる)・・・・6月頃に行われる。毎回初めに実習の手順の説明を受けてから、顕微鏡を用いて標本を観察しスケッチする。
テストもある。テストは渡されたプレパラートから求められている組織を時間内に顕微鏡で見えるようにする。後に先生が確認して点数化する。
*解剖学2*
・骨学実習・・・・1グループ4~5人の班で実際に骨を触って名称を覚えていく実習。テストは筆記試験です。
・解剖学実習・・・・8月末~11月末に行われます。骨学実習と同じ班員です。
私は班員に以下のことを協力していただきました。
(1)私に何か言う時は、マスクを外すか紙に書いてもらう。
(2)先生が話している内容を紙に書いてもらう。 
ただしマスクはホルマリンアレルギーの子がいたので強要はしませんでした。
解剖実習は実習本もあり、また毎回初めに実習の手順の説明と到達目標が書いてあるプリントをいただけるので分かりやすかったです。
*生理学1,2、医化学、微生物*
高校同様、実習ワークがあるため特に困ったことはなかったです。
ただし、生理学2の実習で聴診器を使って血圧を測るといった実験がありました。私は聞こえなかったので免除してもらいました。
また、微生物では実習内容は大丈夫でしたが、テストがありました。しかも口頭試問(詳しくは教育支援参照)でした。私は予め教授に質問内容を書いてくださるようにお願いしました。また同じ班員には、聞き返したり、尋ねるかもしれないと伝えました。
*看護実習*
1月頃にありました。
目的は看護師に1日中ついてまわって、看護師の役割や仕事を理解することです。
私は泌尿器の看護師にお世話になりました。
主に入院患者さんの身の回りの援助や介助、病室の環境整備などをしました。
私は小さなメモ帳とペンを持ち歩いていて、聞き取れなかったところを書いていただくようにお願いしました。

★その他★
2回生では1クラスとなり、大講堂で約100人一斉に講義を受けます。
1回生のときと同様、クラスアドバイザーもいます。
また専門部教務部長という学生の教育に関係している先生もいます。
私は教務部長に以下のことをお願いしました。
・感音性難聴を持つ学生の存在を全講座の先生方に知ってもらい、以下のことを協力してもらう。
・講義に関してプリントをできるだけ配布していただく。
・スライドを使用するときは、教室を真っ暗にしない。
・感音性難聴独特の聞こえ方。(聴覚障害とは参照)など。
こういった働きかけと先生方のご理解によって、環境は良い方向に変わりました。
また、実習においては事情をよく知る友達と必ず同じ班になれるといった配慮もいただけました。

*2005年度の話です。
もしかしたら、変わっている可能性もありますのでご了承くださいませ。
*一部不適切な記事を削除させていただきました。
 気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ございませんでした。
文責:AYAKA

1回生編

<1回生>
★講義★
一般的に教養科目と言われています。
物理、生物、化学、分子生物、数学、ドイツ語、英語、心理学など。
大半の授業で先生方が板書してくださいます。
また教科書、ワークもあるので高校と同じような感じです。
特にこれといった支援はなくても大丈夫でした。
ただ英語に関しては、洋画(ET、Never ending storyなど)を英語版で見て、プリントの空白に当てはまるセリフを聞き取って書くという授業がありました。
私は、当時先生方に何も言っていなかったので友達に写させてもらっていました。
もし言っていたら、何らかの配慮をいただけると思います。
またドイツ語はワーク、辞書を使っていました。
辞書には単語の発音がカタカナで書いてあるので、発音にも困りませんでした。

★実習★
*化学、生物、分子生物、物理*
高校同様、実習ワークがあるため特に困ったことはありませんでした。
*病院見学実習*
夏休みに3日間(専門科によって異なりましたが・・・)病院見学をしました。
目的は、医学部入学を果たし医師に近づきつつありますが、実際に病院見学をすることでまだまだ無力であることを痛感し、日々精進を心がけるためです。(要は油断しないで勉強しなさいって事ですね 笑)
私は産婦人科にお世話になりました。
主に手術や外来を見学しました。
私は、この時先生に何も言わなかったので、何も分からないまま終わってしまいました。
まぁ、言って紙に書いてもらうなりしていただいたとしても知識が全くないのでわかるとは思えませんが・・・・。だけど、後々レポートとして提出する時にあまりにも書けることがなくて困りました。

★その他★
1学年100人くらいで、4クラスに分かれて25人で学習しました。
それぞれのクラスにクラスアドバイザー(高校で言うところの担任)がいて、学生の相談も受け付けているので困ったことがあれば何でも相談していました。

*2004年度の話です。
もしかしたら、変わっている可能性もありますのでご了承くださいませ。

文責:AYAKA
こんにちは
ADHIMS
Author:ADHIMS
現在、メンバーは5人です!

ご意見・ご感想はこちら
掲示板にいく
メールを送る
それぞれの記事の
「コメント」からもどうぞ!
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。